スポンサーリンク

マッサンで西田進役の螢雪次朗!師匠は蛍雪太郎!お笑いコンビ螢雪次朗一座として人気者だった!出演作品は?【画像あり】

Pocket


マッサンで西田進役を演じられています

「螢雪次朗さん」

について調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

螢雪次朗(ほたるゆきじろう)
蛍雪太郎(ほたるゆきじろう)

生年月日:1951年8月27日
年齢:66歳
出生地:埼玉県
血液型:B型
職業:俳優
事務所:CES

マッサンでの役どころ

NHK連続テレビ小説「マッサン」では西田進役を演じています。

西田進(螢雪次朗)「マッサン」
西田進(螢雪次朗)「マッサン」
西田進(螢雪次朗)「マッサン」
西田進役の螢雪次朗さん

義理の兄である森野熊虎(風間杜夫)のことを会津出身の裏切り者として敵対視していましたね。

しかし、その後はお互いに和解をしました。

森野熊虎(風間杜夫)「マッサン」
森野熊虎(風間杜夫




師匠は蛍雪太郎!お笑いコンビ螢雪次朗一座として人気者だった!

螢雪次朗さんは高校2年生の頃から演劇に興味を持ち始め、卒業後に劇団に所属して俳優業を開始されました。

1960年代に大映作品などで活躍した蛍雪太郎は師匠にあたり、芸名もそれにちなんで名付けられたそうです。

蛍雪太郎
蛍雪太郎
ガメラ出演時の蛍雪太郎さん

30歳を過ぎた頃には日活の成人映画に数多く出演し、その当時に劇場で出会ったルパン鈴木さんとコントコンビ「螢雪次郎一座」を結成して大人気となりました。

螢雪次郎一座
コントコンビ「螢雪次郎一座」

40歳の時にコンビを解散し、その後は本格的に役者として活動を開始されました。

1990年の「病院に行こう」でのオカマ役が好評価を得て、1995年には師匠でもある蛍雪太郎さんが出演されたガメラシリーズの「ガメラ 大怪獣空中決戦」で大迫警部補役で広く知られるようになりました。

出演作品は?

螢雪次朗さんがこれまでに出演された主な作品は以下のとおりです。

  • 病院へ行こう(1990年、滝田洋二郎監督)

  • ゼイラム(1991年、雨宮慶太監督)

  • 僕らはみんな生きている(1993年、滝田洋二郎監督)

  • 課長島耕作(1993年、根岸吉太郎監督)

  • 夜逃げ屋本舗2(1993年、原隆二監督)
  • ゼイラム2(1994年、雨宮慶太監督)

  • ガメラ 大怪獣空中決戦(1995年、金子修介監督) – 大迫力 役

  • 人造人間ハカイダー(1995年、雨宮慶太監督)

  • ガメラ2 レギオン襲来(1996年、金子修介監督)- 大迫力 役

  • さすらいのトラブルバスター(1996年、井筒和幸監督)

  • タオの月(1997年、雨宮慶太監督)

  • 学校の怪談3(1997年、金子修介監督)

  • CURE(1997年、黒沢清監督)

  • なにわ忠臣蔵(1998年、萩庭貞明監督)

  • ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(1999年、金子修介監督):大迫力 役

  • お受験(1999年、滝田洋二郎監督)

  • 秘密(1999年、滝田洋二郎監督)

  • クロスファイア(2000年、金子修介監督)

  • 陰陽師(2001年、滝田洋二郎監督)

  • ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年、金子修介監督):自殺志願の男 役

  • 突入せよ! あさま山荘事件(2002年、原田眞人監督)

  • トリック劇場版(2002年、堤幸彦監督)

  • 壬生義士伝(2003年、滝田洋二郎監督)

  • カクト(2003年、伊勢谷友介監督)

  • 13階段(2003年、長澤雅彦監督)

  • KUMISO(2003年、香月秀之監督)

  • 陰陽師II(2003年、滝田洋二郎監督)

  • 三浦和義事件?もうひとつのロス疑惑の真実?(2004年、東真司監督)

  • 鉄人28号(2005年、冨樫森監督)

  • 阿修羅城の瞳(2005年、滝田洋二郎監督)

  • 犬神家の一族(2006年、市川崑監督)

  • 手紙(2006年、生野慈朗監督)

  • ネコナデ(2008年)

  • クライマーズ・ハイ(2008年、原田眞人監督)

  • 劒岳 点の記(2009年、木村大作監督):宮本金作(宇治長次郎の助手)役

  • 笑う警官(2009年、角川春樹監督、植村辰男 役)

  • 半分の月がのぼる空(2010年、深川栄洋監督)

  • day alone ?マノーラと姫ちゃん?(2010年、西浦正記監督、片山幸介 役)

  • SP THE MOTION PICTURE「野望篇」(2010年、波多野貴文監督)

  • 裁判長!ここは懲役4年でどうすか(2010年11月6日公開、豊島圭介監督)

  • 酔いがさめたら、うちに帰ろう。(2010年)東陽一監督

  • SP THE MOTION PICTURE 「革命編」(2011年) – 田辺晋一内閣官房長官 役

  • ポールダンシングボーイ☆ず(2011年、金子修介監督)

  • あぜ道のダンディ(2011年、石井裕也 (映画監督)監督)

  • すべての女に嘘がある (2012年、宝来忠昭監督、日本出版販売)

  • BRAVE HEARTS 海猿 (東宝、2012年7月13日公開)

  • 牙狼-GARO- ?蒼哭ノ魔竜? -GARO SOUKOKU NO MARYU-(2013年、東北新社)

  • 忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段(2013年、東映、田崎竜太監督) – 山田伝蔵 役

  • 飛べ!ダコタ(2013年) – 浜中幸三 役

  • ルームメイト(2013年11月9日公開、東映)

  • ハダカの美奈子(2013年)

  • 小さいおうち(2014年1月25日、山田洋次監督)

  • 春を背負って(2014年6月14日)

  • シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸(2014年10月25日、永田琴監督) – 佐藤 役

螢雪次朗さんの渋い演技をこれからも楽しみにしていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す




*