スポンサーリンク

まれで紺谷弥太郎役の中村敦夫!木枯し紋次郎で大ブレイク!キャスターとしても活躍!出演作品は?CMは?【画像・動画あり】

Pocket


まれで紺谷弥太郎役を演じられています

「中村敦夫さん」

について調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

中村敦夫(なかむらあつお)
中村敦夫(なかむらあつお)

本名:中村敦雄(なかむらあつお)
生年月日:1940年2月18日
年齢:78歳
出生地:日本東京府東京市(現:東京都豊島区)
身長:179 cm
血液型:A型
職業:俳優、作家、脚本家、ニュースキャスター、政治家、大学講師
ジャンル:テレビドラマ
所属:中村企画

まれでの役どころ

NHK連続テレビ小説「まれ」では輪島塗の塗師屋(ぬしや)をしている紺谷弥太郎役を演じています。

紺谷弥太郎(中村敦夫)「まれ」
紺谷弥太郎(中村敦夫)「まれ」
紺谷弥太郎(中村敦夫)「まれ」
紺谷弥太郎(中村敦夫)「まれ」
紺谷弥太郎役の中村敦夫さん

息子で公務員の紺谷博之(板尾創路)とは確執があります。

紺谷博之(板尾創路)「まれ」
息子の紺谷博之(板尾創路

孫の紺谷圭太(山崎賢人)は漆塗り職人になりたいと希望しています。

紺谷圭太(山崎賢人)「まれ」
孫の紺谷圭太(山崎賢人

塩田を営む桶作元治(田中泯)とは紺谷弥太郎の見合い相手であった文(田中裕子)を奪い結婚した過去があるため、犬猿の仲になりました。

桶作元治(田中泯)「まれ」
桶作元治(田中泯

桶作文(田中裕子)「まれ」
桶作文(田中裕子

また、紺谷弥太郎の周りには美女が多いという特徴があります。

金沢一の芸子(奥山奈々)「まれ」
金沢一の芸子(奥山奈々

かなえ(橋本マナミ)「まれ」
スナック「崖っぷち」のママかなえ(橋本マナミ




木枯し紋次郎で大ブレイク!キャスターとしても活躍!

中村敦夫さんは、1972年にテレビ時代劇「木枯し紋次郎」で主役の渡世人である紋次郎役に抜擢されました。

今回の役以外にもすでに準主役級の二枚目俳優として活躍していましたが、この作品の大ヒットによって一躍人気を得ることとなりました。

中村敦夫「木枯し紋次郎」
「木枯し紋次郎」での中村敦夫さん

また、俳優業以外では1984年から3年半にわたり、ドキュメンタリー「中村敦夫の地球発22時」、1989年から1992年までは情報番組「中村敦夫のザ・サンデー」などでキャスターをされていました。

中村敦夫「中村敦夫のザ・サンデー」
中村敦夫のザ・サンデー出演時

出演作品は?CMは?

中村敦夫さんがこれまでに出演された主なCM動画がこちらになります。

◆協和発酵 CM SUN

◆National CM TWIN&FLOAT

◆小僧寿しチェーン CM 七草風ちらし

◆フコイダン CM ?海がくれた生命の奇跡編?

◆BOSS 食後の余韻 CM

また、これまでに出演された主な映画作品は以下のとおりです。

  • 怪談 耳無芳一の話 (1964年、東宝)

  • 新・鞍馬天狗 (1965年、大映)

  • 斬る (1968年、東宝)

  • 復讐の歌が聞える (1968年、松竹)

  • 幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形 (1970年、東宝)

  • 刑事物語 兄弟の掟 (1970年、東宝)
  • 儀式 (1971年、ATG)

  • 麻薬売春Gメン (1972年、東映) – 阿南
  • 夕映えに明日は消えた (1973年、東宝) ※未公開
  • 異邦人の河 (1975年、緑豆社)

  • 仁義と抗争 (1977年、東映)
  • 姿三四郎 (1977年、東宝)

  • 愛の嵐の中で (1978年、東宝) – 風間修

  • 帰らざる日々 (1978年、日活)

  • 本日ただいま誕生 (1979年、東映)
  • 南十字星 (1982年、東宝) – 主演・田宮稔

  • 帰ってきた木枯し紋次郎 (1993年、東宝)

  • 四十七人の刺客(1994年、東宝)

  • 集団左遷 (1994年、東映) 

  • 大夜逃 夜逃げ屋本舗3 (1995年、東宝)

  • 修羅之介新魔剣 (1996年、東北新社)
  • 失楽園 (1997年、東映)

  • 梟の城 owl’s castle (1999年、東宝) – 葛籠太郎兵衛

  • 新撰組 (2000年、CX)

  • 犬神家の一族 (2006年、東宝) – 古舘恭三弁護士

  • BALLAD 名もなき恋のうた (2009年、東宝) – 康綱

  • 少年メリケンサック (2009年、東映)

  • ランウェイ☆ビート (2011年、松竹)

  • 樹海のふたり (2013年、アーク・フィルムズ)- 阿部勇

  • チョコリエッタ (2015年、太秦) – 爺さま


中村敦夫さんの貫禄のある演技をこれからも楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す




*